HOME > 行事レポート > 夢とロマンを乗せて♪サンチャゴの鐘の音色が21世紀に甦る!

夢とロマンを乗せて♪サンチャゴの鐘の音色が21世紀に甦る!

2012.05.09|

サンチャゴの鐘が製造された1612年から400年の時を隔てた2012年5月9日、大分市内にあるスタジオにて、サンチャゴの鐘の音の収録が行われました。

 
EDO_8459.jpg
 
これまで400年の間竹田の地に受け継がれて来ましたが、現在に生きる我々の中には誰一人としてその音色を聴いたことがある人はいません。
これまでにも幾度となく、サンチャゴの鐘の音を聴く試みがなされてきましたが、重要文化財の保護の観点からなされることはありませんでした。
しかし、岡藩城下町400年祭のこの記念の年に、鐘の成分分析・調査を経て、遂にその念願を果たすことができたのです!
鐘の響きは、澄み切って格調高く、400年の歴史を呼び覚ますかのように心にまで響いてくるロマンあふれる音色でした。
 
収録された音源は、7月11日に発売が決定されている船村徹先生自身がリメイクした「サンチャゴの鐘」のCDにも挿入されます。
CDに乗せて全国の方に鐘の音色をお届けします♪
 
 
↓今回収録した鐘の音(再生ボタンをクリックしてください)
 
 
※視聴いただくにはAdobe Flash Playerが必要です。こちらからダウンロードできます。