過去の作品集

H26year

題詠「月」一般の部

最優秀賞
留守電に亡妻(つま)の美声の録音が残っておりぬ満月のよう

静岡県 大庭拓郎

優秀賞
気持ちまで透ける気がして君からの手紙を月にかざす金曜

広島県 杉田佳凜

月の夜を影踏み遊びし馬車の道ふるさと大連異国となれる

竹田市 工藤昭子

佳作
猫用の戸は開きしまま月の夜の猫は帰らずけふ漱石忌

愛媛県 橋本紀代子

亡き夫(つま)のつけし小鈴の鳴る鍵を満月照らすドアにさし込む

千葉県 旭千代

透き通る空に飛び込むハイジャンプおへそを昼の月が見ている

静岡県 今井克己

地下足袋をはきて植木をかつぎゐし岩月園とふ父の一生

東京都 松永弘之

サーカスに飼われいたとう月の輪熊花子は頂戴ばかりしてたよ

宮崎県 桝田紀子

月光が露天風呂を見る人間はスープに浮かぶ白胡麻のよう

千葉県 谷川保子

音程のずれて切なき母の愛「月の沙漠」に揺られ育ちし

山口県 岡田貞義

リハビリに人目を避けて夜歩く月の光の射し入る露地を

静岡県 原木俊雄

死者の貌ばかり浮かべる観覧車月夜は風の掌が押す

大分市 檜垣実生

題詠「月」青少年の部

最優秀賞
濃紺の空に光ったオリオンと月のみゆるはあの秘密基地

竹田市立竹田南部中学校 久保田葉月

優秀賞
満月の光に照らされきらめいた見たことのない初めての街

宮城県名取市立第二中学校 森屋利香

さしこんで手元を照らす月あかり月もねぎらう我が勤勉さ

竹田市立久住中学校 小寺正晃

佳作
月見れば音が鳴るなり着信の 輝いている君想う夜

竹田市立竹田中学校 工藤眞実

手のひらにつぶやく悩み抱えては月を見上げる「大丈夫だよ」

竹田市立緑ヶ丘中学校 安南麻里乃

疑問もち月のうさぎにきいてみる あなたはだれにもちをつくのか

竹田市立竹田中学校 大塚暖華

きっと今私が見上げるこの月をあなたも見ているそれだけでいい

高松市立古高松中学校 門田里奈

雑貨屋のまるいお菓子の隣にはガラスに映ったきれいな満月

宮城県名取市立第二中学校 入間川颯太

自由題 一般の部

最優秀賞
あの時のニセアカシアが朽ちている127ページ『アンナ・カレーニナ』

東京都 藤原敏宏

優秀賞
窓のないキッチンに立ちオクラ切る輪切りの星が床に転がる

東京都 岡部美穂

ラ・フランスのでこぼこの皮剥きながら考へてゐることもでこぼこ

大分市 後藤史子

佳作
とりあえず牛丼大盛り汁だくで。恋に尻尾が生えてたなんて

愛媛県 平山繁美

かたばみの弾けるやうないさかひを鏡の中のひとと聞きをり

愛媛県 越智都子

さながらに合歓の花なる目元した若き母なり子を抱きつつ

竹田市 清水三枝子

旅終えてぱっと灯せばそのままに茶碗と箸がわれを待ちおり

静岡県 大庭拓郎

介護での洗濯物の畳み方一つ一つに銀河の深さ

高知県 野中泰佑

物言わぬ僕が好きだと五十年言う間を作れと言えず今まで

静岡県 今井克己

たなそこに乳房覆いつつ病むひとは拭きゆく吾が手そっと外しき

大分市 如月惠子

転がってく星のように寂しくて行き先くらい自分で決めたい

広島県 杉田佳凜

独り居の闇に入れば留守電の赤ランプと一緒に点滅している

愛媛県 矢野和子

しろがねの三俣の山の美しきかなこころのどこが痛いのだらう

愛媛県 山下れいこ

自由題 青少年の部

最優秀賞
傍に居たい近づきたくてそのために傷つけちゃうの画鋲の心

宮崎西高校 前田彩子

優秀賞
ごめんなと言ってないのに許される僕の心境スンマセンダスン

竹田市立竹田中学校 眞田岳陽

雪の中をかけてくきつね眺めてた 先見えぬのにどこへ行くのか

宮城県名取市立第二中学校 佐伯健太

佳作
弟が私にちょっかい出してきてうっとうしいがつい許しちゃう

竹田市立都野中学校 若杉七海

ストーブと結婚したい冬限定 炎のようにゆれる恋心

竹田市立竹田中学校 工藤眞実

子ねこたちとまどい遊ぶ冬の日に初めての雪降りつもりゆく

竹田市立竹田中学校 工藤雅

黄金数自然に出るし不しぎだな星がたになった120ほう体

ワシントン日本語学校 横堀就海

しゃべるたび口からもれる白い息息が消える頃言葉伝わる

竹田市立緑ヶ丘中学校 後藤午