HOME > News

3/14 「たけた見本市」in 東京 開催!!

2015

3

02

intokyo.jpg
 
「たけた見本市」in東京
 
3/7・8に竹田市で開催される「たけた見本市」を下記日程で東京でも開催いたします。
 
日時:平成27年3月14日(土)12:00-17:00
場所:竹田市東京オフィス(東京都港区赤坂3-2-6 赤坂中央ビル7F)
 
プログラム:
12:00- 竹田在住作家の作品展示・販売
 竹工芸・染・陶芸・紙工… 竹田で紡がれる手仕事を、作家の作品と共に紹介。作品の販売も行います。会場に訪れていただいた方には、もれなく竹田の伝統の「技」を伝える冊子「伝統が+ 伝統に+」をプレゼント♪
 
13:00-15:00 ワークショップ「竹コースター作り」
竹田在住の竹藝家・谷口倫都さんによるワークショップを開催します。今回は、竹を使って六つ目編みのコースターづくりに挑戦します。(参加費:無料 定員:20名程)
講師/竹藝家・谷口倫都(みちと):
 1988年、鳥取県鳥取市に生まれる。2011年、旅行中に訪れた美術館で竹工芸に興味を抱き、大分県竹工芸・訓練支援センターで基礎を学ぶ。2012年、竹藝家‐中臣一氏に師事し、『REVALUE NIPPO NPROJECT』参加など、創作活動を行う。2013年、竹田市へ移住。竹田在住を中心とした竹工芸作品専門のギャラリー《坂乃上》設立。
 
15:00-16:00 竹田暮らしのご提案
 伝統に培われた手仕事を、暮らしの中に取り入れていき、竹田ならではの暮らしの構築をご提案します。
プレゼンター/オレクトロニカ:
 2009年、加藤亮(大分県大分市出身)と児玉順平(熊本県出身)(ともに1984生まれ)により結成された美術ユニット。自らの表現を行なう傍ら、「制作と生活」をモットーに、オレクトロニカとしての活動を展開。生活の大半を制作で占める日々を過ごしている。表現の手法にとらわれず作品制作や空間プロデュース、アートプロジェクトのプロデュースを行っている。
2010年に活動拠点を竹田市とし、実験的な多目的空間として「ギャラリー傾く家」を設置・運営、またアートプロジェクトの企画運営、自らの生活を支えるための商品製作などに取り組む。今まで竹田市内で手掛けたプロジェクトは、「TAKETA ART CULTURE」、TSG「竹田総合学院」空間プロデュース、「Meeting Again Project」他。
 
お問合せ:
竹田市役所 企画情報課 エコミュージアム推進室
TEL/0974-63-4801 [当日]090-2086-2489(担当:西山) Mail/kikaku@city.taketa.lg.jp
 

PrevNext> index

page top