行政力 政策立案能力の強化

政策審議官・事務所長のマンパワーとネットワーク

政策の概要

非常勤特別職の政策審議官及び竹田事務所長によるマンパワーを活用し、竹田市が推進するプロジェクトや政策課題に対する専門的な見地からの協力支援及び市外における情報発信・人的ネットワークの活用による政策展開を図る。

政策審議官・事務所長のマンパワーとネットワーク
体系図(PDF)

政策の内容

政策の内容について説明します。タイトルをクリックすると詳細な内容が表示されます。

マンパワー活用で竹田の「元気」を全国に発信「政策審議官」「竹田事務所長」を任命
竹田市の「TOP運動」に基づく、政策の立案や実施にあたっては、先駆的な情報を得るマンパワーの活用が大きな力となる。竹田市が推進するプロジェクトや政策課題に対する専門的な見地からの協力支援及び市外における情報発信・人的ネットワークの強化を図ることが求められる。政策実践に向けて求められるのは「情報の発信力」。そこで、非常勤特別職の「竹田市政策審議官」及び「竹田事務所長」を任命し、マンパワーの活用とネットワークの強化を図っている。中央の政策を先取りする情報収集、海外や全国への情報発信、地域間の交流促進などに応援いただいている。また、「竹田大使」及び「竹田特命大使」を任命し、情報発信に大きな成果を得ている。
竹田市政策審議官と竹田事務所長
竹田市政策審議官と竹田事務所長 ●趣旨:
竹田市が推進するプロジェクトや政策課題に対し、専門的な見地からの協力支援及び市外における情報発信機能と人的ネットワークの強化を図ることを目的として、竹田市政策審議官及び竹田市事務所長を設置する。
政策審議官等は、前項の目的を達成するために必要な資格又は経験を有し、かつ専門的知識を有する者のうちから、市長が委嘱する。

●職務:
竹田市政策審議官は、概ね次に掲げる職務を行うものとする。
  • 中央官庁や先進自治体等における政策や事業に関する情報の提供
  • 竹田市の主要課題やプロジェクト推進に関する助言
  • 竹田市の事業推進にあたっての連絡調整や協力支援
竹田市事務所長は、概ね次に掲げる職務を行うものとする。
  • 先進自治体等における政策や事業に関する情報の提供
  • 竹田市の事業推進にあたっての連絡調整や協力支援
  • 所管地域等で竹田市の情報発信及び広報宣伝
●身分及び任期:
政策審議官等の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号の規定に基づく非常勤の特別職とする。政策審議官等の任期は原則として1年とし、再任を妨げない。

●報酬及び費用弁償:
政策審議官等の報酬及び費用弁償は、竹田市特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例に基づき支給する。

●政策審議官:
  • 川辺亮さん:
    認定NPO法人ふるさと回帰センター事務局長補佐で、I・J・Uターンに関する情報提供や農林漁業研修などの活動を通じ、都会から農山漁村への移住を支援しています。竹田市でも北海道大学観光学高等研究センター特別講座「ふるさと起業塾」を開講中で、農商工連携を主とした起業の情報とノウハウを提供しています。
  • 金丸弘美さん:
    食総合プロデューサーであり、食環境ジャーナリストとして活躍。食育に関する先進的な取り組みを全国で実践し、中央省庁とも太いパイプを持つ。食の領域で、自然環境、栄養バランス、健康の科学的裏付けを明確にして、地域ブランドに直結する活動に進化させる。
●竹田事務所長:
  • 仙台事務所長 志賀秀一さん:
    ㈱東北地域環境研究室代表で、音楽姉妹都市仙台市を拠点に活動。観光振興や地域おこしに精通し、各地のまちづくり関係のフォーラムなど多数経験。豊富な情報と人脈で竹田市のよきアドバイザー。
  • 東京事務所長 野田良輔さん:
    株式会社全国商店街支援センターマネージャーで、竹田市が交流連携を始めた東京都品川区中延商店街との橋渡しや竹田ブランド商品の販売促進のキーパーソン。また東京発竹田市情報の発信基地として東奔西走中。
  • 大阪・神戸事務所長 杉岡数幸さん:
    大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館勤務を経て、翻訳工房代表。大阪市や広島市など、日独交流のサポートも多数。直入町や新竹田市のドイツ交流では交流の窓口や通訳として応援いただく。
「竹田大使」及び「竹田特命大使」
●趣旨:
本市の豊かな歴史や文化等の魅力を広く宣伝し、イメージアップ及び観光振興を図るため、竹田大使及び竹田特命大使を設置します。(報酬は支給しません。)

●任務:
大使等の任務は、概ね次のとおりとします。
  • 本市の魅力を広報宣伝すること。
  • 本市のイメージアップ及び観光振興等に資する提言や助言を行うこと。
  • その他大使等として必要な活動を行うこと。
●委嘱:
「竹田大使」は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱します。
  • 本市に深い理解と認識を持ち、各種分野で活躍している者
  • 本市に愛着を持ち、積極的に広報宣伝に取り組む本市にゆかりのある者
「竹田特命大使」は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱します。
  • 本市の広報宣伝やイメージアップに貢献している者
  • 本市の観光や地域の振興における尽力が認められる者
●竹田大使:
別府大学客員教授・京都造形芸術大学名誉教授 辻野 功さん

●竹田特命大使:
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」廣瀬武夫役・俳優 藤本 隆宏さん
プロ車いすアスリート 廣道 純さん、㈱バスクリン代表取締役社長 古賀 和則さん

政策の動き